結局、朝までの積雪は5cmぐらい。
夜の間に積もった5mmほどの雪を掃いていたら役場で町道に塩カルをまいていた。

田畑へ肥料をまくような装置を軽トラで引っぱっているのを初めて見た。機械化が進んでいてなにより。
ありがたいことです。

うちは夫婦で「さん」付け。
両親sに「気持ち悪い」って言われたけど、いつも敬意を持って接せられて良き。

どうでもいい話だが 

本家から聞いたどこから今の居住地に移ってきたのかという情報をベースに、ネット上に転がっている情報を辿り自らのルーツを探る旅に出ていた。

まぁ、時節柄実際に町をウロウロするわけには行かないし、寒いからネット内をウロウロするのがちょうどいい感じ。

まぁ、多くの日本人は遡ると源平藤橘のいずれかにたどり着くらしいが、どうやら遡るとウチも源平藤橘にたどり着くようだ。

感染症が治まって各地の図書館や資料館へ出かけで古文書などを見られるようになったら、確かめに行きたいかも。

予想外に雪が積もったので(といっても2cm程度)、翌朝のことを考え、竹箒で家の前の道路を掃いておいた。
軽い雪で良かった。

中京でのシンザン記念、3着までの3頭をキッチリマークしていたのに唯一の抜け目決着というミラクルな外し方。
金杯といい、今年の緒戦はこんな感じらしい。

どんどや焼きの準備を手伝ってきました。
点火は明朝。

例年の3分の1ほどの大きさで、とにかく正月飾りのお焚き上げが出来ればと言う感じも見栄えがそれなりなのは、組んだ人達の感性なんでしょうね。

独身で親の介護をしながらテレビのリポターなどの仕事をしていた一回りぐらい年上の知人が、親が亡くなった後しばらくしてから、かなり経って自宅でご遺体で発見されたという話を聞いた。
いわゆる孤独死。

なんとも切ない。

正月気分 

仕事は始まったがまだ松の内。

関東文化圏は明日松が取れて七草がゆ。
11日に鏡開き。

関西文化圏なら小正月までは松の内で正月。

関東でも関西でもない信州なので、個人的に15日までは仕事をしつつも正月気分でうだうだしてます。

ちなみに今年のどんど焼き(松本辺りは三九郎)、ウチの自治会は10日。

中国的に春節(旧正月)の2月頭まで正月気分でもいいのだが、まぁ中部地方の文化なので小正月までは正月気分と言うことでw

Show older
マストドンの匠 / SNS避難所 - 王様の耳はロバの耳 ( takumi.fun )

インターネットが大好きな人が夜な夜な集う止まり木のようなインスタンス。TwitterやFacebookのフォロワーに書くのに躊躇するような愚痴とかをポロっと書けて、平穏な場所を目指します。